Monthly Archives: 8月 2017

調整できるものを

医療用ウィッグは多数販売されています。しかしながら、製造会社によって仕上がりが様々ですから、購入する時は一度試着してから選ぶのがコツです。サイズが緩いと脱げてしまう可能性もありますし、フィット感も感じられません。

また、きつ過ぎるものを選んでしまうと、着用中に肩こりや頭痛を引き起こしてしまう可能性もありますので、やはり気を付ける必要があります。頭にしっかりとフィットするものを選ぶことができれば、見た目的にもナチュラルで良いですし、着け心地も安定感があって快適です

また、抗がん剤治療を始めてから脱毛、治療の終了、そして発毛と、髪の毛の状態も変化することが考えられますが、それによって頭のサイズも変化します。どのような状態であっても、すっきりと着用することができるように、ウィッグは調整が可能なものを選ぶのがオススメです。頭の周りは、髪の毛の状態によって2センチ変化することもありますので、是非サイズ調整できるものを選んでください。

医療用ウィッグの中には、ヘアアイロンも使えるものがありますので、おしゃれを楽しみたい方にもオススメです。また、防臭タイプや抗菌可能のものもあります。良いと思うものを選んでください。

関連HP医療用ウィッグ

抗がん剤治療の副作用

抗がん剤治療を始めると、多くの方が脱毛を経験しています。治療を開始してから脱毛が始まるまでの期間にも個人差がありますし、また治療が終わってから発毛が見られるまでの期間も人それぞれ違いがあります。この他にも、色々な副作用が見られます。動悸や息切れ、強い倦怠感を感じる方も少なくありません。

また、食欲が落ちてしまったり強い吐き気を感じる方もいます。他にも、便秘になる方もいますし、口内炎ができる方もいます。また、まつげに影響が出てくることもあります。この場合は、目にホコリが入るのを防ぐ為にも、眼鏡やサングラスなどを利用するようにすると良いでしょう。目に違和感がある時は、早めに医療機関で診てもらうことをおすすめします。この他にも、人によって色々な副作用が現れることもあります。

抗がん剤治療中も、もちろん洗髪は必要になってきます。ただし、その際に注意したいことがあります。洗髪する時は、髪に優しいシャンプーを選びましょう。そして、ゴシゴシ洗ったりせずに優しく洗うようにしてください。また、髪の毛を乾かすときは、なるべく自然乾燥するように心がけ、ドライヤーの使用は注意しながら行うようにすることをおすすめします。

抗がん剤治療と脱毛

抗がん剤治療を始めると、脱毛を経験する方がたくさんいらっしゃいます。お薬に量など個人差もあるのですが、治療が始まってから、だいたい10日~2、3週間後に脱毛が始まることが多いようです。多くの方が初めて経験することなので、戸惑う方や状態を受け入れられない方もいらっしゃるようですが、抗がん剤治療が終了すればまた髪の毛が生えてきます。こちらも個人差があるのですが、治療が終わってからだいたい4か月~半年くらいすると、発毛が始まることが多いようです。

髪の毛が抜け始めるようになると、誰でも不安になってしまうものです。精神的なストレスをできるだけ抑えるためにも、抗がん剤治療が始まる前に髪の毛は短くしておきましょう。

また、就寝の際にはナイトキャップなどを利用するのもオススメです。脱毛が始まってから治療が終わり、発毛が始まり、ある程度の長さに伸びるまでの間、医療用ウィッグを着用することでヘアスタイルを保持することが可能になります。治療前のヘアスタイルを、治療中もあまり変えたくないとお考えの方は、抗がん剤治療が始まる前にウィッグを選んでおくと良いでしょう。実際のヘアスタイルと、見比べながら選ぶことができます。

脱毛と医療用ウィッグ

ウィッグをおしゃれの一部として使っている方も多いかもしれません。その日の気分やファッションに合わせて気軽に使うことができますので、使う頻度が高い方も少なくないかもしれません。しかし、病気やケガなどの為に脱毛が見られる場合、こういったお洒落の為のウィッグを着用するのはオススメできません。なぜなら、おしゃれを目的としたウィッグは、見た目的には素敵であっても、内側の作りがあまり丁寧ではないものも多いからです。

脱毛が見られる方を対象に作られていませんので、脱毛がある方が使うと頭皮が傷んでしまったり不快感がある場合も少なくありません。ですから、脱毛がある場合は医療用ウィッグを選ぶ方が安心です。

医療用のウィッグには、様々な工夫がされています。例えば、長時間着用していることが考えられますので、長く使っていても疲れにくかったり、ムレ憎く爽やかに使えたり。他にも、メーカーによってはウィッグの毛によるフェイスラインへの刺激を抑える為に、工夫されて作られているようなものもあります。また、何より内側のネット部分の作りがとても丁寧で柔らかくできていますので、安心して着用することができます。

抗ガン治療中などは、脱毛が見られるなど肌が敏感になっている為、ちょっとした刺激も本人にとってはちょっとした刺激ではないことも少なくありません。ですから、快適に使い続けることができるように、自分に合ったものを選ぶことが大切です。当サイトでは、医療用ウィッグについて紹介します。